HOME > Craniosacral Healing Art

 
well restedness
- 深く、緩んで、くつろぐ -
クラニオセイクラル・バイオダイナミックスから学んでみよう!
" 心と体の健康について、観照というマナーの瞑想 "


CHA Director 加藤こま

私が紹介しているクラニオセイクラル・バイオダイナミクスのアプローチはその他の多くのボディワークに比べて見ても、極めて穏やかな境地に至るワークと言えます。このワークの向かうところはスティルネス(静寂)の地点であり、それはすべての私たちが持ち合わている本質的な生命の基盤です。このスティルネスは精神および肉体を包含しています。そしてクラニオバイオで言うところの "肉体のスティルネス" は体の自己治癒と自己矯正の力が最大限に引き出される均衡バランスの取れた状態を指しています。ワークにおいては、心と体の均衡を取り戻すことができ、また、精神の安定により深い理解に結びつくことができるでしょう。
 
このワークは病状そのものに注目するのではなく、繊細で受容的な手を通してあるがままの体とその環境に耳を傾けることです。そこには肉体だけでなく、その個人のヒストリーと心理的な様相が展開されており、到底、私 (自我)の狭い考えなどが介入できない領域です。ゆえに、私たちのワークでは一方的な変化を求める事はありません。クラニオセイクラル・バイオダイナミクスの施術者は - 介入しない、巻き込まれない - といった振る舞いが、クライアントにとって、また施術者にとって安全なスペースを築き上げる唯一の方法とします。では、何をやっているのかと言うと、あるがままに展開されている様子を全体として捉え、その個人に備わっている生命固有の健康、自己治癒、自己矯正力に注目しています。それゆえ、受容的でとても優しいワークです。しかし、それが弱々しいアプローチというのではなく、繊細でありながらとても効能力が高いと評価を得ています。なぜなら、あるがままに反抗せず、あるがままの生命の力を応援しているからです。心と体は基本的にそれ自体のインテリジェンスに従って機能していることを深く理解するに至ります。
 
私たちが知覚するのは、原初呼吸、タイドモーションと呼ばれるとても微細な波動です。波のようであり、微細であっても大海の波のような威力で組織の癒着、圧縮、ねじれ、液の停滞など押し流す力を持ちます。”介入しない” は私の自我をクライアントに当てはめない、"巻き込まれない" は施術中に誘発される施術者自身の問題をクライアントに投影しないということです。施術者はいたって瞑想的に穏やかで静かであり、この中立的な立場を訓練して行きます。施術中は、川の流れに沿うように柔軟な姿勢と観察、目撃し続けていることです。この振る舞い、姿勢が深くワークする鍵となります。クライアント、施術者、両者がこのような領域の中で "生命固有の波動" に協調し、その力が均衡をもたらしながら力を増していく間、クライアントはとても心地よい感覚を得ることができ、施術者はより一層瞑想の中に入っていくことができます。深いところに滑り込むように、やっと我が家に帰り着いたと感じられるかもしれません。本質的領域の中で心身共に深く癒されます。


ISNESS
メディテーションや
ヒーリング・ワークの
コース、トレーニングなどの
会場を提供しています。

 

Outline

ISNESS

レンタル・スペース

住所

東京都品川区西五反田2-23-1スペースエリア飯嶋2F

OPEN

2018年5月1日より

お問い合わせ先

we@isness.jp